キャンペーン

ここでは、実際に3組の方にキャンピングカーをご利用いただき、その旅のレポートをご紹介しています。あなたなら、キャンピングカーを使ってどんな風に旅をしますか?楽しみ方は十人十色。3組の旅のレポートから、あなたなりの旅の楽しみ方を見つけてみてはいかがでしょうか?

キャンピングカーで行く!北海道帯広・富良野の旅

体験者:A様ご夫妻(大阪府)
旅程:2009年6月29日~7月2日 2泊3日
行き先:旭川→39号線経由で帯広→南富良野サホロリゾート→富良野→旭川

アンソニーと一緒にのんびり2人旅

キャンピングカーでの北海道旅行。どのようなイメージを抱かれるでしょうか?どこまでも真っ直ぐな道、一面の緑、地平線まで拡がる農場そして青い空、私たちのそのような北海道のイメージを堪能できる旅行でした。その一部をご紹介したいと思います。
キャンピングカー "ANTHONY" は2tトラックを改造した自動車です。前のシートには2人乗車でき(もちろんシートは布です)、そこからウォークスルーでいけるキャビンには4人がけのテーブル+シートがついています。キャビンにはベッド、流し、換気口、テレビそして北海道の旅行では欠かせない冷蔵庫(なぜかは後ほど・・・)までついています。北海道の道路は広いので大きな自動車でも楽に運転することができました。

1日目 黒岳の絶景を眺め、帯広へのゆったり旅

ロードキャビンは旭川のラーメン村にあります。キャンピングカーの説明を受けた後、さっそくラーメンを食べにいってつ庵へ。しょうゆラーメンと塩ラーメンのWチャーシュー麺、餃子を食べました。ラーメンは私たちの好み通りで、おなかを満たした後に出発しました。

帯広へのルートは39号線から273号線を用いるルートでした。不案内な中でしたがNAVIのおかげで(それほど)迷うことなく移動できました。

旭川を出発してしばらくすると、大雪山国立公園の中の道路を走ります。窓からは雄大な大雪山系の山々がひろがります。途中、層雲峡の黒岳ロープウェイに乗って黒岳の7合目まで登りました。

まずはロープウェイに乗って5合目まで、そしてエゾノツガザクラ、ミヤマキンポウゲなどの咲く小道を通って2人乗りのリフトに乗ってさらに7合目まで行きました。7合目からは大雪山系の雄大な山岳景色を一望することができました。その後、三国峠からはひろがる樹海の景色を楽しみつつ帯広に向かいました。

幸運にも野生動物に遭遇!

野生のキツネ、シカを見たことがありますか??? 私たちは幸運にも会うことができました。キツネもシカもあまり人間、自動車を怖がらないようで近くでゆっくりと眺めていることができました。夕食は北海道在住だった同僚から教えてもらった焼肉あんじゅでとり、クランベリー本店でスイートポテトを1本購入した後、温泉(露天風呂付)に入り、休みました。

次は旅行2日目 帯広から富良野へ