キャンペーン

ここでは、実際に3組の方にキャンピングカーをご利用いただき、その旅のレポートをご紹介しています。あなたなら、キャンピングカーを使ってどんな風に旅をしますか?楽しみ方は十人十色。3組の旅のレポートから、あなたなりの旅の楽しみ方を見つけてみてはいかがでしょうか?

キャンピングカーで行く!北海道帯広・富良野の旅

2日目 サホロでの乗馬、富良野でチーズ作り体験!

2日目の朝は帯広のクランベリー本店で買ったスイートポテト、十勝のあすなろファームで買った牛乳、飲むヨーグルトとごまプリンで始まりました。あすなろファームの牧場を眺めながらの朝ごはんでした。あの牛からとれた牛乳なのかなぁ・・・なんて話しながらの朝ごはんでした。このあすなろファームの牛乳、飲むヨーグルトは本当に北海道に来たんだなぁ・・・と思えるほどおいしいものでした。さらにキャラメルソフトクリームは濃厚で牧場ならではのものでした。牛乳などの乳製品を持って動くのにANTHONYの冷蔵庫は大活躍。旅行中、冷蔵庫は常に満杯でした。

南富良野ウェスタンビレッジサホロ

朝ごはんの後は南富良野ウェスタンビレッジサホロに乗馬をしにいきました。10分ほど練習をした後にインストラクターにつづいて森の中へ入っていきました。家内は3度目、私は始めての乗馬でした。最初はこわごわでしたが、馬がお利口なせいか森の中では楽しい散歩ができました。

森の中の小道を進んでいき、清流を通っての散歩でした。そして乗馬中にも野生のシカに遭遇することができました。北海道では野生の動物がたくさん見られるのですね。馬に別れを告げた後は富良野に向かいました。

南富良野の道の駅にあるパン屋さん“なんぷ~香房”で翌日の朝ごはん用のくるみパンとクロワッサンを仕入れた後の昼食は富良野の唯我独尊でのカレーでした。あんじゅを教えてくれた同僚の話、ガイドブックなどの案内とたがわず辛くて上に乗ったソーセージが満足感を与えるカレーでした。

おかわりの合言葉はる~るるる~でした。

富良野チーズ工房で手作り体験

富良野にはチーズ工房というチーズ工場(チーズ屋さん)があります。中ではさまざまなチーズが売っていて試食、手作り体験もできます。私たちはマスカルポーネチーズの手作り体験をしました。850円を払って体験室に案内されました。マスカルポーネチーズは牛乳、生クリームを混ぜて作っていきます。なんだか家庭科の授業を思い出しました。出来上がったチーズはその場で試食もできましたが、翌日の朝ごはんに食べることにしました。

とみたメロンハウス+富田ファームへ

この後、富田メロンハウス+富田ファームに向かいました。富田メロンハウスは以前に近くの百貨店の北海道店に出店していて、メロンパンとソフトクリームがとてもおいしかったので、再び・・・と思い訪れました。やはりおいしかったです。隣接する富田ファームはもう紹介するまでもありませんが広々したラベンダーのファームがあります。この日の入浴は吹上温泉の白銀荘の露天風呂でした。富良野から十勝岳のほうに向かって山を上がって行くと到着します。日によっては雲海を眺めながら入浴できるそうです。

その後、2日目の宿泊先 美瑛町のペンション星が丘に向かいました。私と妻の意見ですが、美瑛町が一番北海道らしい景色を楽しめるところでした。地平線まで広がる畑、近くまで寄れるラベンダー畑、そびえ立つポプラの木、そしてその中に点在する家々、すべてが私たちのイメージの中の北海道でした。星が丘もそのような丘にありました。リビングはピアノも置いてあり落ち着いた雰囲気でした。天気がよければプラネタリウムにも負けないような夜空を望遠鏡から楽しむことができたそうなのですが・・・。残念ながらこの日は曇りでした。

次は最終日!旅行3日目 美瑛から旭川へ