キャンペーン

ここでは、実際に3組の方にキャンピングカーをご利用いただき、その旅のレポートをご紹介しています。あなたなら、キャンピングカーを使ってどんな風に旅をしますか?楽しみ方は十人十色。3組の旅のレポートから、あなたなりの旅の楽しみ方を見つけてみてはいかがでしょうか?

キャンピングカーで行く!北海道帯広・富良野の旅

3日目美瑛町から旭川へ

朝から北西の丘展望公園に向かいました。広々とした公園で、しかもラベンダー畑の中にも入ることができました。また、美瑛のパッチワークの丘にはセブンスターのCMにでてきたポプラの木、ケンメリスカイラインのCMにでてきたというポプラの木を見学することができます。広い畑の中にポプラの木が聳え立つのは本当に北海道!という景色でした。

雪むろで保存された食材を料理。開拓庵で北海道の豊かさを堪能。

お昼はじゃがバタとアスパラガスを食べに開拓庵というカフェ(?)に向かいました。ご主人(女将さん)が雪ムロで冬を越したというジャガイモのじゃがバタとアスパラとまいたけのグリル、おまけでギョウジャニンニクのお漬物を出してくれました。雪ムロというのはかつて冷蔵庫のない時代に作物が傷まないように藁で作物つつんで雪の中に保存していたものだそうです。最近、その機能が再度見直され、農協の有志が始めたそうです。

本当にジャガイモとアスパラ、まいたけの簡単な料理なのですがなんだか北海道の豊かさをかみ締めることができ、幸せな気分になれました。一見すると入るのをためらうような建物ですが、入ってみることをお勧めするカフェ(?)です。開拓庵の後はキャンピングカーANTHONYの中でごろごろしていました。広いキャビンなので食事もゆっくり食べられるし、ゆっくり休めるしゆったりとした旅行が楽しめます。 美瑛を後にした私たちは再び旭川へ戻りました。

ラストは旭山動物園へ!

そしてかの旭山動物園へ向かいました。平日でしたが、大勢のお客さんがいました。休日はとんでもないのだろうなと思います。旭山動物園はあちらこちらで書かれている通り、できるだけ動物を身近に接することができるような設計です。シロクマ、レッサーパンダ、ペンギン、オオカミなどなどなど。売店でとってもかわいいしろくまのぬいぐるみを購入しました。
旭川の観光地といえば旭山動物園が有名ですが、私たちは隠れた名所を発見しました。駅から自動車で10分くらいのところにあるサイパル旭川市科学館です。中にはプラネタリウムと展示場があります。展示場には宇宙をテーマにしたアトラクションがあります。宇宙空間の無重力状態を疑似体験できる宇宙ゴマ、月の重力を体験できるムーンジャンプ、太陽系を擬似旅行できるマシンなどなど大人でも十分楽しめる内容でした。
駅前の百貨店で職場へのお土産を購入し、夕食におすしを食べ最終日も終わりました。

旅のフォトギャラリーをご覧下さい