キャンペーン

ここでは、実際に3組の方にキャンピングカーをご利用いただき、その旅のレポートをご紹介しています。あなたなら、キャンピングカーを使ってどんな風に旅をしますか?楽しみ方は十人十色。3組の旅のレポートから、あなたなりの旅の楽しみ方を見つけてみてはいかがでしょうか?

キャンピングカーで行く!北海道帯広・富良野の旅

初めての気球体験。あっという間の空の時間

うりまく道の駅鹿追牛でバーベキュー初めての気球体験へ。「ゴォー」という熱風の音と共に気球がフワリと浮いた。 気づけば地上30メートル。下を覗くとちょっと恐い曇っていたのがちょっと残念だったが上からは糠平湖が見えた。あっという間の10分間。もうちょっと乗っていたかったが気球は下へ下へ。

平湖畔へ行ってみる。釣りをしている方が・・・
トラウトや鯉が釣れるという。チカを横向きに縛り付けドボンと落としていた。散策後、湖畔は寒く風も強いので車中で朝食を取ることにした。 昨日同様サンドイッチ、すっかり自宅のキッチンのようにてきぱきと準備が出来る朝食を済ますと朝が早かったせいかウトウトしてきた。しばしここで休憩。 チェックアウトを気にせず、朝食後もゆっくりと過ごせるのはキャンピングガーならではである。遠くに幻のめがね橋望む湖畔でのんびりすごす。

秘湯-岩間温泉へ

鹿の湯273号を北に。ここも北海道らしい木々と信号のない道。
今度はルピナス畑発見。一面に咲くルピナスと山の緑と白樺に癒される。
岩間温泉への道のりは途中から砂利道に変わった。車が一台通れるくらいの細い道。眼前には川が行く手を阻みやむなく車中で着替え徒歩。川の中をジャバジャバと進む。足が凍りつくほど冷たく痛い。振り返ると、すぐ隣に丸太橋が掛っていた。そういえばガイドに載っているあれだ!さらに進むとまた丸太橋!そしてその奥にようやく露天風呂が見えた。湯ノ花たっぷりのいいお湯です。 しばらくのんびり浸かっていると渡って来た川向こうにキツネが出てきた。

先ほど道を教えて頂いた、キャンプをしているところまで戻り昼食のBBQ。今日はなめたカレイと卵がメイン。すっかり手馴れてきた!!

三国峠をを走り層雲峡へ。温泉で癒される。

本日の宿泊地は層雲峡に決まる。途中、「三国峠は美しかった」と書きたかったが、また霧に覆われた。
大雪湖を眺めながらようやく層雲峡が見えてきた。ビジターセンターに情報収集へ。 さまざまな高山植物や高所からの景色の写真を展示していた。 明日は一番でロープウェイで黒岳へ行ってみることにした。 「黒岳の湯」という温泉も教えてもらった。ここは男女別のみ。
ちょうど夕日の時間で露天風呂からきれいに見えた。入浴後はアイスクリームのデザート。今日は明日早朝の出発に備えて、ロープウエイの駐車場にて一泊。

 

次は旅行4日目 糠平から岩間温泉~層雲峡~黒岳へ